Ubuntu18.04 Kopanoをコミュニティ版の最新バージョンにアップグレード

娘が本格的にKopanoを使おうとしているとき、今のシステムの軽いがしかし残念な障害が気になり始めた。
Subjectに変な記号が入ってしまうのだ。

メールヘッダーが折り返されるときに�が表示されたり、日本語の1つ1つの後ろに�が表示されたりしていることが分かる。

“Ubuntu18.04 Kopanoをコミュニティ版の最新バージョンにアップグレード” の続きを読む

Ubuntu18.04 ツールを使ってAppArmorのプロファイルを更新

AppArmorは強制アクセス制御(MAC:Mandatory access control)を提供する仕組みで、各プログラムにプロファイルを用意して、プログラムができることに制限を掛けている。システムはこの仕組みによって内外の脅威から保護されている。 “Ubuntu18.04 ツールを使ってAppArmorのプロファイルを更新” の続きを読む

Ubuntu18.04 Kopanoをインストール

お知らせ

Ubuntu16.04からUbuntu18.04に移行するとき、この設定(インストール)を終えた後でKopanoのデータを移行すれば良いことが分かったので、新しい記事を投稿しました。もしかしたら、バックアップをとる際のお役に立つかもしれません(実際、このサイトの毎日のバックアップスクリプトを記事ベースで作成して運用しています)。

新たにドメインを作ってサーバーを立てようと思いたったことから、そこでもKopanoをセットアップして使おうと思った。

だが、今回は1から構築じゃん。ハードルが高くて、ついつい後回しにしてたやつだ。
でも、やるなら今だ、今しかない!

“Ubuntu18.04 Kopanoをインストール” の続きを読む

Ubuntu18.04に移行 Samba内蔵DNSとDHCP

自宅で各種デバイスの電源を入れる…。すると、自動的にIPアドレス割り振られ(DHCP)、それぞれのホストに名前でアクセスできる(DynamicDNS)。自宅で運用しているサービスはインターネットからもアクセスするが、LAN内でも同じFQDNで名前解決できる(内向きDNS)。

いま、この環境をbind9とisc-dhcp-serverで実現している。

Samba-AD-DCを中心に据えた場合、これをどうすれば実現できるのか。 “Ubuntu18.04に移行 Samba内蔵DNSとDHCP” の続きを読む