IPv4とIPv6の優先度設定

前回の記事でIPv4とIPv6のデュアルスタックにしてみた。どうやらシステムはうまく動き出したぞ!ということでpingしてみる。

>ping hogeserver

hogeserver.hogeserver.hogedns.jp [172.16.1.100]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
172.16.1.100 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
172.16.1.100 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
172.16.1.100 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
172.16.1.100 からの応答: バイト数 =32 時間 =1ms TTL=64

172.16.1.100 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 1ms、平均 = 0ms

 

おっとっと… “IPv4とIPv6の優先度設定” の続きを読む