LDAP

広告
Ubuntu

Samba-ad-dc LDAP bind

Samba ad dcのコンテナを作ったので、Kopanoのコンテナを立ち上げて、LDAP認証ができるようにした。
Ubuntu

Ubuntu22.04 DockerでSamba-ad-dc

現在稼働中のSamba ad dcはUbuntu 18.04で構築したもの。OSの更改が必要な時期なので、DockerでSamba ad dcを立ち上げて移行することにした。
Ubuntu

Ubuntu20.04 Samba-AD-DCのパスワードリセット

パスワードは無意味で長いものを利用しているので、どうしても思い出せないことがあって、パスワードをリセットしたくなることがある。パスワードをコマンドで変更するにはどうしたらいいのか調べてみた。
Ubuntu

Ubuntu20.04 Samba-AD-DCのアカウントロックを解除

最近はパスワードを覚える機能を色々なアプリケーションが実装しているので、アカウントロックされるケースはそんなにないのだけれど、それでもたまにはミスすることもある。アカウントロックをコマンドで解除するにはどうしたらいいのか調べてみた。 ...
Ubuntu

Discourseをインストールしてみる

システムを運営していると似たような問い合わせが多いので、相談しやすい窓口を用意してそこで聞いてもらう。電話での問い合わせも、運営メンバーが記録の代わりにそのサイトに書き込んでおく。 最初のうちは同じ質問が多数来るだろうけれども、その...
Ubuntu

Scooldをインストールしてみる

Q&Aサイトを立ち上げて、そこによくある問い合わせを書き込んでおく。ユーザーは問い合わせる前にまずそこで探し、なければそこで問い合わせて、誰かがそれに答える。夢の世界…
Ubuntu

Jitsi MeetをLDAP認証で使えるようにする

サーバーをインターネットに向けて公開している。現在はProsodyで利用するユーザーを追加して、IDとパスワードで認証しているが、これをActive Drectoryによるユーザー認証に変更したい。
Ubuntu

Alfrescoのユーザー管理をDBからSamba-ad-dcに移行

Kopano のユーザー管理を1ヶ月以上掛けて Samba ad dc に移行した。次は Alfresco だなぁと考えながら、お絵描きツールを整備したりして充電。さぁ、Samba ad dc によるユーザー管理を始めよう。
Ubuntu

Kopanoのユーザー管理をDBからSamba-ad-dcに移行

Kopanoのユーザー管理をSamba ad dc が提供する LDAPで行う。ユーザーやグループ管理のコマンド、設定すべき属性を説明。また、従来 DB で管理していたユーザーを LDAP 管理に移行するためにはデーターベースを直接書き換える必要があるので、その方法も記載。実行は自己責任で。
Ubuntu

Samba-ad-dcにphpLDAPadminで接続してみる

先日、KopanoとAlfrescoの移行について投稿したが、ユーザーは各アプリケーションで管理されて別々の状態。せっかくSamba-ad-dcを導入したのだから、ユーザーの一元管理がしたい。
広告