linuxBeanのキーリング

linuxBean、とっても快適!いままで使っていなかったノートパソコンを毎日起動するようになった。サーバーをいじるのにやっぱりキーボードは必需品!
コタツからServerへ、コタツからWindowsPCへ。本当に便利。



この記事も コタツ + ノートパソコン + linuxBean + Chromium で書いている。快適快適。

ただ、WindowsPCへの接続しようとRemminaを起動し、リモートデスクトップ接続しようとすると「パスワードを入力してデフォルトのキーリングのロックを解除してください」と聞かれる。

ちょっと面倒なので表示させないようにしたい。

でも、キーリングって一体なんなんだろう・・・?


キーリングについてはUbuntu kledgebにとっても詳しく解説が記載されている(「パスワードと鍵」で見てみるとよくわかります。ありがとうございます)。

浅い理解を恥ずかしげもなく書くと、

  • キーリングとはパスワード(キー)を束ねておくキーホルダー。
  • パスワードにはsambaへの接続パスワード、各アプリケーションが独自に保存するパスワードなどがある。
  • キーリングにはパスワードがかけられていて、パスワードで暗号化されている。
  • キーリングのパスワードを解除しておくこともできるが、キー達が平文になる。
  • 特別なキーリング login はログイン時にパスワード解除される。・・・ん?

ということのように見えた。

その他を色々と読んでみると、パスワードを入力しないですむようにするには、キーリングのパスワードを解除してしまえば良いと書かれている。
平文でパスワード達をファイルに残すのに抵抗があるが、キーリング自体は ~/.gnome2/keyrings にあって、600な権限であるから平文にしても同じかな。

んー、それでも暗号化して保存しておくにはどうしたらいいか。


今まで何も気にしないで使ってきた訳だが、keyringsに何があるのかと見てみると・・・

  • default
  • login.keyring
  • user.keystore
  • デフォルト.keyring

キーリングに login と デフォルト という2つがある。きっと login がデフォルトになっていなくて、アプリケーションたちが デフォルト というキーリングにを使っているので、いちいち聞かれるんだなぁと想像。


キーを管理するアプリケーションは seahorse というらしい。linuxBeanにはインストールされていないので、以下を実行してインストールしてみた。

$ sudo apt-get install seahorse

そして「スタート」→「設定」→「パスワードと鍵」を起動する。

想像通りキーリングが2つ、その中にパスワードが保存されている模様。

  • login
    デフォルトになっていない。キーは保存されていない。
  • デフォルト
    デフォルトになっている。以下のキーが保存されている。
    smb
    Remmina

そこで以下の操作を行った。

  • loginをデフォルトに設定。
  • デフォルトにあるキーを全て削除。
  • パスワードと鍵を終了し、smbやRemminaのパスワード設定をやり直し。
  • linuxBean再起動。

SambaアクセスやRemminaでのリモートログインを試してみたところ、パスワード入力を求められなくなった。


めでたしめでたし、だったのだが「パスワードと鍵」アプリでパスワードを表示できることがわかった。結局平文で保存したとしても、大した違いはないのかもしれない。

それと、後から追加した娘のアカウントは最初から login キーリングがデフォルトになっており、デフォルト キーリングは存在しなかった。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です