OSを64bit化→Zarafaインストール…そしてZarafaアップグレード

今回は、Zarafa7.2.0→7.2.5へのアップグレード。大したことはやってない感じ。

だが、Ubuntu14→16のアップグレード(2017/05/14リンク追加)を行うためには、Kopanoへの移行が必要なようで、これを実現するためには何がどこにどんな影響をあたえるのか、ということを知っておく必要がありそう。今後のためにメモとして残す。

運用しているユーザーが家族だけなので、多少の問題はいいやー、と過去には適当なアップグレードを行ったが、本家にちゃんと情報があるのだから、これをよく読んでやることはやっとくべきだと思う。




仮想化したことで、カットアンドトライがしやすくなったことから、設定メモを記事に残すことの重要性が段々と減ってきている…という言い訳で、実はOSを64bit化したり、それに伴うZarafaのバージョンアップを行ったことを書き残していなかった。

Ubuntu14を64bit化するにあたっては、OSを最初からインストールした。技術をよく知る方はアップグレードさせる形で64bit化させることができるようだけれども、私には無理だった…。
まっさらなOSをインストールして、そこに/etcやWordPressの各種ファイルの必要分をコピってみたりして、どうにか動くように設定をした。時間はというと、思っていたよりも短時間でできたという印象で、設定が残っているのは大きかった。

Zarafaについては、MySQLのデータをそのままバックアップ→リストアしてZarafa 7.2 Multi-Tenant mit Postfix, SpamAssassin und SASLの掲載記事をベースにインストール。

当初あったインストーラーがなくなっていたので、色々と迷ったが、結局 dpkg -i *.deb 的なインストールと、記事に沿った設定でどうにかなった。

わからないところは過去記事(1/2)を参考にした。

結論として、メモのHTMLタグがおかしなことになってしまったが、それ以外は問題なくアップグレードできたので、まぁ、よしとした。

■現状
OS:
Ubuntu14.04LTS 64bit版

Zarafa:
7,2,0,48204

なお、OSをUbuntu14→16にアップグレードしたくなって試してみたところ、Zarafaが上手く動かない状況になってしまい、スナップショットで元の状態に戻すことになってしまった。


Ubuntu16にしたいので調べてみたら、ZarafaはKopanoに変わりました、とあり、Ubuntu16で使うには、Zarafa→Kopanoへの移行が必要になることがわかった。

従来のZarafa Community Editionは以下からダウンロードができるが、Ubuntu16はサポートしていない模様。上手く動かないわけだ…。
https://download.zarafa.com/community/

Kopanoは「この記事」で書かれているように以下でダウンロードができるが、過去バージョンやFinalバージョンにはアクセスできず、常にBetaを使い続けることになる模様。その代わり、Ubuntu16をサポートしている…という。
https://download.kopano.io/community/


まずは、Zarafaを7.2.5のFinalにアップグレードすることにした。今までちゃんとやったことがない。

各種サービスの停止。これで、メールが来たとしても再送されるだろうし、他の操作もできなくなるからデータを破壊することはなくなるだろう。

$ sudo service postfix stop
$ sudo service zarafa-spooler stop
$ sudo service zarafa-server stop
$ sudo service zarafa-licensed stop
$ sudo service zarafa-dagent stop
$ sudo service zarafa-gateway stop
$ sudo service zarafa-ical stop
$ sudo service zarafa-indexer stop
$ sudo service zarafa-search stop
$ sudo service zarafa-monitor stop

パッケージのダウンロードと展開。

$ wget https://download.zarafa.com/community/final/7.2/7.2.5.109/zcp-7.2.5.109-ubuntu-14.04-x86_64-opensource.tar.gz
$ tar xzvf zcp-7.2.5.109-ubuntu-14.04-x86_64-opensource.tar.gz

ここで、ESXiでサーバーのスナップショットを取った。

パッケージのインストール。

$ sudo dpkg -i *.deb

でインストールしてみて、依存関係で怒られ、怒られたのをたどって幾つかを削除し、

$ sudo dpkg -i *.deb

でインストールしてみて・・・を繰り返す。

なんとなく書き留めていた操作。この順序で消して、ライブラリを一つ入れたらインストールできるのじゃないかと。

$ sudo dpkg -r zarafa-monitor
$ sudo dpkg -r zarafa-spooler
$ sudo dpkg -r zarafa-utils
$ sudo dpkg -r zarafa
$ sudo dpkg -r zarafa-dev
$ sudo dpkg -r zarafa-gateway
$ sudo dpkg -r zarafa-libarchiver
# sudo dpkg -r zarafa-client
$ sudo dpkg -r zarafa-libmapi

$ sudo apt-get install libtcmalloc-minimal4

今まで使ってきた環境では、以下のファイルを修正していたが、変更があるため新しいファイルが cfg.dpkg-dist みたいなファイルで入っていた。新しいファイルを有効にしつつ、以下を修正。

/etc/init.d/zarafa-server
case "$1" in
  start)
        if [ "$SERVER_ENABLED" = "no" ]; then
                log_warning_msg "Zarafa Server daemon not enabled in /etc/default/zarafa ... not starting"
                exit 0
        fi
#サーバーが起動しないことが多いので待たせることに
sleep 5
        log_begin_msg "Starting $DESC: $NAME"
        install -dm0775 -o zarafa -g zarafa /var/run/zarafad
        export LC_ALL=$ZARAFA_LOCALE
        export LANG=$ZARAFA_LOCALE
        start-stop-daemon --start $QUIETDAEMON --pidfile $PIDFILE --exec $SERVER -- $SERVER_OPTS
        log_end_msg $?
        unset LC_ALL LANG
        ;;
  stop)

/etc/zarafa/server.cfg
##############################################################
# SERVER SETTINGS

# IP Address to bind to (empty for ANY)
# Set to ::1 or 127.0.0.1 if connections should only come from localhost
# and through the webserver proxy
server_bind             = 0.0.0.0
・
・
・
# local admin users who can connect to any store (use this for the zarafa-dagent)
# field is SPACE separated
# eg: local_admin_users = root vmail
#local_admin_users      = root zarafa
local_admin_users       = root vmail zarafa
・
・
・
# The user under which we connect with MySQL
mysql_user              = postmaster

# The password for the user (leave empty for no password)
mysql_password          = *パスワード*
・
・
・

再起動

$ sudo reboot

ここまででZarafaのバージョンアップはできた…が、WebAppからのアクセスができない。
バージョンアップせねば。
https://download.zarafa.com/community/final/WebApp/2.2.1/ubuntu-14.04/
ここから全てをダウンロードしてきて…

$ sudo apt-get install php5-enchant
$ sudo dpkg -i *.deb

ここでも、日本語表示の設定が必要なんだけれども、例によって設定ファイルが config.php.cfg.dpkg-dist で入っているので、これをベースとして以下を修正。

/etc/zarafa/webapp/config.php
        // List of languages that should be enabled in the logon
        // screen's language drop down.  Languages should be specified
        // using _[.UTF-8], and separated with
        // semicolon.  A list of available languages can be found in
        // the manual or by looking at the list of directories in
        // /usr/share/zarafa-webapp/server/language .
        define("ENABLED_LANGUAGES", "de_DE;en_EN;en_US;fr_FR;he_IL;it_IT;nl_NL;ru_RU;zh_CN;nb_NO;ja_JP");

        // Defines the default time zone, change e.g. to "Europe/London" when needed

Apache再起動

$ sudo service apache2 restart

コマンドの位置が変わってる… /usr/bin → /usr/sbin
これにより、Postfixの設定変更も必要になった。

/etc/postfix/main.cf
・
・
・
#
# for Zarafa Settings.
#
virtual_alias_maps = mysql:/etc/postfix/mysql-aliases.cf
mailbox_transport = zarafa: zarafa_destination_recipient_limit = 1
mailbox_command = /usr/sbin/zarafa-dagent "$USER"
debugger_command =
    PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/usr/bin/X11
    ddd $daemon_directory/$process_name $process_id & sleep 5
・
・
・

/etc/postfix/master.cf
・
・
・
#
# for Zarafa Settings
#
zarafa    unix  -       n       n       -       10      pipe
  flags=DRhu user=vmail argv=/usr/sbin/zarafa-dagent -R ${recipient}

Postfix再起動

$ sudo service apache2 restart


おぉ!画面が変わった!なんかカッコいい!

あと、このバージョンアップに伴って、Zarafa WebAccessが廃止になった?ようなので、使っていないこともあり、削除することに。

$ sudo apt-get remove zarafa-webaccess

変更を everyone に配信して、ESXiでスナップショットを削除(統合)し、運用再開!

次は Kopano へのバージョンアップかー。ちょっとハードルが高そう・・・。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です