iMessageを活用してみる

いままで全く興味を持てず、もったいないことをしていた。
iPadを買った時に、メッセージがiPadだけに届いたりしてイラっときて、オフにしたっきりだった。

けれど、有効なメールアドレスさえあればiMessageサービスというのが使えて、ちゃんと設定できればFaceTimeなんかもできるらしい。
これは! 今ならメールアドレスは自由にどうにでもできるぞ! 契約が切れのiPhoneが有効活用できそうだ!



ということで設定して試すことにした。


結論からすると、

  • 現在契約中のiPhone(つまり、3G回線がある)でもiMessageを有効にした場合、送信先がiMessageを有効にしているならば、iMessageが優先される。=SMS/MMSでメッセージは送られない。
  • iPhone(3G回線あり)でiMessage有効にしていても、宛先がiPhone・iPadじゃなかったり、iPhone・iPadでもiMessageを有効にしていない場合には、メッセージがSMS/MMSで送信される。
  • 契約切れのiPhoneの場合、宛先がiMessageでなければメッセージを送信できない。
  • iMessageが有効な端末同士であれば、3G回線の有無に関係なくFaceTimeを利用できる。

となった。

同居していない親兄弟がiPhone・iPadを持って常用しているので、連絡手段として至極有効に活用できるのだった。なんで今までちゃんと調べなかったんだろう・・・。


■ちゃんと設定しようと思った背景
うちには、iPhone x 4、iPad x 2 があり、以下のように使用者を割り当てている。

ユーザー 割り当て
hogeuser iPhone(3G回線あり), iPad(WiFi)
hogewife iPhone(3G回線あり)
hogedaughter1 iPhone(契約切れ)
hogedaughter2 iPhone(契約切れ)
hogegrandmother iPad(WiFi)

それぞれのデバイスに対して新しいメールアドレスを発行し、それぞれに個別に割り当てさえすれば、メッセージが横取りされることもないだろう。

zarafaでアカウントを作成し、My Apple IDでメールアドレスを登録する。
登録にあたって zarafa で作成したアカウントに確認メールが飛んでくるので、これを受け取って有効化させる。
(メッセージをやり取りしているといつの間にかiPhone同士じゃないとメッセージのやり取りができなくなるという話は、ここから生まれるのではないかと思ったり。有効なメールアドレスかどうかを確認されるから、パソコンや会社で使っているメールアドレスを登録してしまうはずだ)

それぞれ、以下の通り割り当てた。

ユーザー デバイス メールアドレス
hogeuser iPhone(3G回線あり) +81 90 nnnn nnnn
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp
hogeuser@t.vodafone.ne.jp
hogeuser iPad +81 90 nnnn nnnn
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp
hogewife iPhone(3G回線あり) +81 90 nnnn nnnn
i-hogewife@hogeserver.hogeddns.jp
hogewife@softbank.ne.jp
hogedaughter1 iPhone i-hogedaughter1@hogeserver.hogeddns.jp
hogedaughter2 iPhone i-hogedaughter2@hogeserver.hogeddns.jp
hogegrandmother iPad i-hogegrandmother@hogeserver.hogeddns.jp

※赤文字は新しい会話の発信元。
※橙文字は元々はSMS/MMSとかいわれていたメールアドレス。

設定自体は zarafa でユーザーを作り、My Apple ID で登録して、iPhone・iPadの設定画面から登録すればいいので、そのへんは書かない。


前置きが長すぎ・・・。
ということで、色んなパターンでメッセージを送信してみて、どうなるか試してみる。

■パソコンからメール送信
別にパソコンでなくてもよさそう。とにかくiMessageと関係のないアカウントからメールを送ってみる。

デバイス メールアドレス 着信先
hogeuserのiPhone +81 90 nnnn nnnn メッセージ送信できず。
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp iMessageには着信せず。
サーバーにメールが保管される。
SMTPリレーのみだから。
hogeuser@t.vodafone.ne.jp SMS/MMSに着信。
hogeuserのiPad +81 90 nnnn nnnn メッセージ送信できず。
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp iMessageには着信せず。
サーバーにメールが保管される。
SMTPリレーのみなので当たり前か。

iMessageというサービスを通らないのだから、当たり前といえば当たり前の結果。

■ケータイのSMS/MMSからのメッセージ送信
hogewifeのiPhone(3G回線あり)でiMessageをオフにしてメッセージを送ってみる。

デバイス メールアドレス 着信先
hogeuserのiPhone +81 90 nnnn nnnn SMS/MMSに着信。
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp iMessageには着信せず。
サーバーにメールが保管される。
SMTPリレーのみだから。
hogeuser@t.vodafone.ne.jp SMS/MMSに着信。
hogeuserのiPad +81 90 nnnn nnnn 着信せず。当たり前か。
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp iMessageには着信せず。
サーバーにメールが保管される。
SMTPリレーのみなので当たり前か。

パソコンから送ったあたりで気が付いたのだが・・・。そういうことだったのね。

■iMessageからのメッセージ送信
hogedaughter1(契約切れ)からiMessageで飛ばせる先はどこなの?と確認してみることに。

デバイス メールアドレス 着信先
hogeuserのiPhone +81 90 nnnn nnnn iMessageとして着信。
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp iMessageとして着信。
hogeuser@t.vodafone.ne.jp メッセージ送信できず。
hogeuserのiPad +81 90 nnnn nnnn iMessageとして着信。
i-hogeuser@hogeserver.hogeddns.jp iMessageとして着信。

SMS/MMSのやり取りはできないがiMessageのメッセージのやり取りはできる。

■iMessageオン同士のSMS/MMSのやり取り
hogewifeのiMessageをオンに戻し、送信元を電話番号にした上で、hogeuserの電話番号にメッセージを送ろうと宛先を入力すると・・・
メッセージ入力を開始した(=宛先入力からフォーカスが外れた)タイミングでiMessageとして認識され「送信」ボタンが青くなった。

iMessageが優先される仕様になっているらしい。
同じメッセージを複数のデバイスで同期できることを考えると、iMessageサービス側で送信メッセージをフックする必要があるから・・・でしょう、きっと。そうしないと、複数のデバイスでメッセージを共有できないわけだから。

■その他のパターン
iMessageが有効であれば、契約切れのiPhoneでもFaceTimeできることは確認した。

だけど、全部試す気が失せちゃった。以下を考慮すれば結果はわかるから。

  • 通過するのが SMTP なのか iMessage なのか。
  • iMessageはSMS/MMSより優先される。

さあ、今まで眠っていた機能を有効活用していこう!


■その他
iMessage用に作成したアカウントだけれども、ユーザーにとって管理が面倒だよね。だって、下手にパソコンからメールが届くかもしれない状況を作ってしまったわけだから・・・。
と思ったので、以下の通りaliases設定をして、アカウント削除をしてしまった(登録している以上、やっぱメールが届かないという状態にするのはよろしくないと思うのです)。

/etc/aliases
# See man 5 aliases for format
postmaster:    root
webmaster:     root
servermaster:  root
mailer-daemon: root
i-hogeuser:    hogeuser
i-hogewife:    hogewife
i-hogedaughter1: hogedaughter1
i-hogedaughter2: hogedaughter2
i-hogegrandmother: hogegrandmother

変更したら、反映させる。

$ sudo newaliases

i-xxxxxx達を削除する。

$ sudo zarafa-admin -d i-hogeuser
$ sudo zarafa-admin -d i-hogewife
$ sudo zarafa-admin -d i-hogedaughter1
$ sudo zarafa-admin -d i-hogedaughter2
$ sudo zarafa-admin -d i-hogegrandmother

これで、もしもi-xxxxxxアカウントにメールが送られてきても問題はない。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です