Ubuntu12.04LTSから14.04LTSにアップグレード(Xming編)

アップグレードのハードル高いわ。すると軒並み動かない。
・・・次は Xming 。



ほとんどは過去に書いた Ubuntu 12.04 サーバー再構築(12) Xmingでアクセス にある設定で接続ができるらしい。

しかし、ここで丁寧に設定した X Font Server (xfs) パッケージがなんと削除されており、無理やりインストールして試してみたもののピクリとも動かない。

そこで、Xmingのショートカットを修正し、xfsにアクセスしないことで対応。


修正前はこれ。

<?xml version="1.0"?>
<XLaunch xmlns     = "http://www.straightrunning.com/XmingNotes"
 xmlns:xsi         = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
 xsi:schemaLocation= "http://www.straightrunning.com/XmingNotes XLaunch.xsd"
 WindowMode        = "Windowed"
 ClientMode        = "XDMCP"
 XDMCPHost         = "hogeserver"
 Display           = "0"
 Clipboard         = "true"
 FontServer        = "hogeserver"
 ExtraParams       = "-screen 0 1024x768 -logfile C:\PROGRA~2\Xming\xming.log -logverbose 3"
/>

それをこれに修正。

<?xml version="1.0"?>
<XLaunch xmlns     = "http://www.straightrunning.com/XmingNotes"
 xmlns:xsi         = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
 xsi:schemaLocation= "http://www.straightrunning.com/XmingNotes XLaunch.xsd"
 WindowMode        = "Windowed"
 ClientMode        = "XDMCP"
 XDMCPHost         = "hogeserver"
 Display           = "10"
 Clipboard         = "true"
 FontServer        = "hogeserver" ※削除
 ExtraParams       = "-screen 0 1024x768 -logfile C:\PROGRA~2\Xming\xming.log -logverbose 3"
/>

ディスプレイ番号 0 は確かに本体が使っているわけだから元からおかしいな。
フォントサーバーを参照しないようにすることで接続ができるようになった。


この結論に辿り着くまでに調べたこと。

パッケージが削除されていることがわかったのはココ
※ダウンロードしてインストールしてみたけれどもダメ。

コマンドラインから接続できることがわかり、launchファイルの設定変更のヒントになったのがココ

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です