Windows10 ログイン直後に固まる

最近、Windows10にログインすると、使い始められるようになるまで超時間がかかる。きっかけがいまいちわからないけど、ここ数ヶ月に渡って発生している問題。

ログインする→デスクトップのアイコンが表示される→通知領域のアイコンがちょっとだけ表示れたところで固まる→1分固まる(もっと長いかも)→デスクトップのアイコンが再描画されて使えるようになる。という挙動。

hoge daughter から「そういえばパソコンなんだけど、ログインした後に固まっちゃってさぁ、使えるようになるまでめっちゃ時間かかるんだよね~」と指摘されて、これは本格的に修正しなければと考えたのだった。






結論からすると、DAEMON Tools Lite 10.3 → 10.9 へのアップグレードで解消。

便利に使わせてもらっているツールでとても気に入っているのだが、自動アップデートをOFFにしていたのが問題発生の原因と言える。おそらく、広告がうざったいとかそんな理由だったんだろうけれども、ずいぶんと長い間それこそうざったい思いをしたのだった…。

問題の調査には以下を行った。

  • Microsoft以外のサービスを無効化
  • 挙動を確認して原因を特定して無効化
  • Microsoft以外のサービスを有効化して問題が発生しないことを確認
  • 原因となっているアプリケーションをアップデート

■Microsoft以外のサービスを無効化

コマンドプロンプトから

C:\Users\hogeuser>msconfig

を入力して「システム構成」というアプリケーションを起動。

「サービス」タブで「Micorosoftのサービスをすべて隠す」をチェックし、Microsoft以外のサービスを「すべて無効」ボタンで無効にする。※作業の最後に、Microsoft以外のサービスをすべて有効にするのを忘れないようにしましょう。

OKボタンをクリックし、PCを再起動する。


■挙動を確認して原因を特定して無効化

再起動してログインしたら、DAEMON Tools Lite がタスクバーでキラキラしている。

システムへの変更を許可しますか?と聞かれているのだ。

タイムアウトするまで動けないっぽい雰囲気とぴったり合致!きっとこれだ。

DAEMON Tools Lite がどこで起動しているか、というとスタートアップだ。

今は、スタートアップをタスクマネージャーから管理できるっぽいので、[CTRL]+[SHIFT]+[ESC]でタスクマネージャーを起動する。

「スタートアップ」タブをクリックし、その中にある DAEMON Tools Lite Agent を無効にしてみる。※作業の最後に、DAEMON Tools Lite Agent を有効にするのを忘れないようにしましょう。


■Microsoft以外のサービスを有効化して問題が発生しないことを確認

コマンドプロンプトから

C:\Users\hogeuser>msconfig

を入力して「システム構成」というアプリケーションを起動。

すべてのサービスを有効化して再起動し、問題が発生しないことを確認。

スカッと起動するじゃない、原因はこれだったんだぁ。


■原因となっているアプリケーションをアップデート

DAEMON Tools Lite は設定画面から自動アップデートができる。

画面に従ってインストールを完了させる。

タスクマネージャーを起動してスタートアップを確認したところ、DAEMON Tools Lite Agent は無効になったままだ。これを有効にして再起動する。

再起動する…OK!スカッと起動した~最新バージョンでは問題対処済みだった~!


記事をまとめながら…あれ?これって問題の本質的な解決じゃないや、と気付く。

Microsoft以外のサービスを止めたら DAEMON Tools Lite が許可を求めていることがわかったということは、「スタートアップ時に許可を求めるアプリケーションがあっても、その許可を求めるダイアログの表示を妨げるサービスがある」ということだ。

そいつをどうにかしない限り、原因不明の「めっちゃ時間かかるんだよね~」が再発する可能性がある。対症療法でしかなかった…。

結果を急いじゃだめですなぁ。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です