Kopano アップグレード

お知らせ
Ubuntu18.04でKopanoを設定する記事を公開しました。

ZarafaをKopanoにアップグレードしてから半年が経過した。
アップグレードでデータベースの更新を間違ったらしく、メモがおかしなことになってしまったが、被害はそれほど大きくなく、手作業でどうにかできたのだが…

最近、ちょこちょことメモ機能を使うようになったので、こうしたトラブルが発生しないようにこまめにバージョンアップをしようという気になった。




失敗に備えて、ESXiでスナップショットをとっておく。これで、失敗してもすぐに戻ることができる。手順の途中にもバックアップがあるけど、スルーしてしまえ。

必要なモジュールをコミュニティのダウンロードからダウンロードする。coreとwebapp。webmeetingsにも興味があるけど…。

手順はマニュアルに書かれている。以下は、そこから必要と思ったことを実施したものなので、ご参考。


まず、MTA(Mail Transfer Agent)を止める。

$ sudo service postfix stop

続いて、Kopanoを止める。

$ sudo service kopano-spooler stop
$ sudo service kopano-server stop
$ sudo service kopano-dagent stop
$ sudo service kopano-gateway stop
$ sudo service kopano-ical stop
$ sudo service kopano-search stop
$ sudo service kopano-monitor stop

前回ちゃんと設定していなかったが、改めて見ると添付ファイルはデータベースではなく、ディレクトリに置かれるようになっていた。

/etc/kopano/server.cfg
# Where to place attachments. Value can be 'database', 'files' or 's3'
attachment_storage      = files

# Enable fsync as method to make sure attachments are stored on disk where
# supported and will not be buffered by OS and/or filesystem. Please note
# this setting will lower attachment write performance depending on your
# environment but enhances data safety with disaster recovery.
# Only affects 'files' attachment storage backend.
attachment_files_fsync  = yes

# When attachment_storage is 'files', use this path to store the files
# When attachment_storage is 's3', use this path to set a prefix to all
# attachment data of a certain cluster, for example 'attach'
attachment_path         = /var/lib/kopano/attachments

# Compression level for attachments when attachment_storage is 'files'.
# Set compression level for attachments disabled=0, max=9
attachment_compression  = 6

うーむ。

perl db-convert-attachments-to-files mysqluser mysqlpassword mysqldatabase \
     path_to_filesystem [delete]

と書かれているので…

$ sudo apt install libdbi-perl libdbd-mysql-perl←スクリプトが利用するDatabase interfaceライブラリ
$ cd /usr/share/doc/kopano
$ sudo perl db-convert-attachments-to-files postmaster *postmaster-password* kopano /var/lib/kopano/attachments [delete]
$ sudo kopano-server --ignore-attachment-storage-conflict

復活しなかった。でも、古いファイルの添付は使ってない。
本気で必要な場合には取り組まなければ…なんだろうけど、割り切り。


バックアップ手順を飛ばして…

まずは、ファイルを展開。

$ tar zxvf core-*
$ tar zxvf webapp-*

次に、展開したディレクトリに行ってパッケージをインストール。
この日に落としてきたのは8.4.90だった。

$ sudo dpkg -i *

とにかく依存関係の問題が発生しなくなるまで、時々-Bi オプションでインストールを続ける。

今回は、/etc/kopano/server.confが大幅に変わったらしいので、中身をそっくり入れ替え。

# If a directive is not used (i.e. commented out), the built-in server default
# is used, so to disable certain features, the empty sring value must explicitly be
# set on them.
・
・
・
# e-mail address of the Kopano System user
system_email_address    = webmaster@hogeserver.hogeddns.jp
・
・
・
# The user under which we connect with MySQL
mysql_user              = postmaster

# The password for the user (leave empty for no password)
mysql_password          = *postmasterのパスワード*
・
・
・
##############################################################
#  SSL SETTINGS

server_ssl_enabled = no  ←追加

# Space-separated list of address:port specifiers for where to listen for

今回は、かなりserver.confの中身が変わっていたものの、実際に設定を加えた箇所はこれだけで動いた。一度ちゃんと設定さえしてしまえば、その後のメンテナンスにはそれほど工数がかからないんだなーと改めて気付いた。


サーバーを起動。

$ sudo service kopano-spooler start
$ sudo service kopano-server start
$ sudo service kopano-dagent start
$ sudo service kopano-gateway start
$ sudo service kopano-ical start
$ sudo service kopano-search start
$ sudo service kopano-monitor start

動作確認後、ESXiのスナップショットを削除(統合)して作業完了。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です