Ubuntu 14.04 ログに出ているエラーへの対処メモ

logcheckが色々と検出してくれるおかげで発生している問題に気付く。
対処をメモとして残す(後日更新するかも、多分する)。




Ubuntu 12.04 時代から出ていたエラーで放置していたもの。

May  4 14:15:08 hogeserver dhcpd: Forward map from hogeclient.hogeserver.hogeddns.jp to 172.16.xxx.xxx FAILED: Has an address record but no DHCID, not mine.

 

Dynamic DHCPD Error: DHCID にわかりやすく直し方が書いてあった。

そもそもこのエラーは「これは単純なエラーだ。機器のリース要求でDNSサーバーの更新を試みているが、DNSサーバーはそのIDで違う登録がされていることを発見した。」だそう。

  • dhcpdでMACを指定して固定アドレスを割り振ったが、後からアドレスを変えた。
  • 最初は固定アドレスを指定していなかった。
  • 最初、機器の側でIPアドレスを固定設定していた。
  • 設定ミスで何かが起こっている。

等、色々な理由が考えられるけれども、既にそのIPアドレスは別の機器に使用されている、とか、その名前には別のIPアドレスが割り振られている等の問題が発生している。

dhcpdで割り振ったアドレスは計画通りだったので、dnsサーバー側の情報を修正してしまおうと考えた。

この時やることは、

  1. DNSサーバー(bind9)の更新を止める。
  2. サーバーのレコードを修正する。
  3. DNSサーバーの更新を再開する。

である。

まずは、DNSサーバーの更新を止める。

$ rndc freeze

 

次にファイルの編集。自分自身の記事(1/2)を見ながら、以下のファイルが編集対象と判断。

$ sudo vi /var/cache/bind/db.hogeserver.zone
$ sudo vi /var/cache/bind/db.hogeserver.revz

 

この中から関連するレコードと、その直下にあるTXTレコードを削除する。

削除したら、DNSサーバーの更新を再開する。

$ rndc thaw

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です