Ubuntu 12.04 Unityを削除するなど

LXDEの調子が殊の外良いので、ちょろちょろとエラーログが出ているUnityを削除しようと思い立った。
Not Unified: Removing Unity from Ubuntu 12.04 LTS(※リンク切れのためアーカイブへ) という記事があって、試してみたところ至極良い結果となっている。




中身を全部理解するには至らなかったけれど、どうもアップグレードに絡んで色々と苦労をしたという話っぽい。

ということで、以下を実施。

$ su -
パスワード:
# apt-get --yes purge unity unity-2d unity-2d-places unity-2d-panel unity-2d-spread
# apt-get --yes purge unity-asset-pool unity-services unity-lens-* unity-scope-*
# apt-get --yes purge liboverlay-scrollbar*
# apt-get --yes purge appmenu-gtk appmenu-gtk3 appmenu-qt
# apt-get --yes purge firefox-globalmenu thunderbird-globalmenu
# apt-get --yes purge unity-2d-common unity-common
# apt-get --yes purge libunity-misc4 libunity-core-5*

で、念のために再起動。

# reboot

syslogを見てみたけれども至極調子が良い。
これもしばらく様子を見ることにする。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です