WordPressのGutenbergが遅すぎる

今日、3万文字を超えるページをリリースしたんだけれど、これを書く上でGutenbergの反応が鈍くて鈍くて…耐えられないレベルだった。





情報をあさってみると、そんなはずはないよバージョンアップでパフォーマンス上がったから、プラグインのせいなんじゃないの?といった記事が見つかる。確かにそうかもしれないけど…もう、マジ無理だから…

使っているのは Chrome で、そこそこに10年以上使い込んでいる。

今回は原因をはっきりさせられておらず、単なる回避策の羅列になっている。

負担を減らす色々

編集とは関係ない部分を少しずつ減らして負担を減らす。

ほとんどはこちらの情報で、実用的と思ったものを順に書いてみる。
WebNots / Fix Slow Gutenberg Post Editor in WordPress

スペルチェックを外す

これは色々なところに書かれている。そうだろうなと思う。
既に設定済みだった。

ブロックマネージャーで使っていないブロックを解除

これはかなり早くなった。

使っていないブロックが山ほどあったので、これを解除している(57個)。

詳細パネルを無効にする

これもかなり早くなる。

All In One SEO Packを使わせていただいていて、エディタの最終部分に設定ページが表示されているのだが、これがなくなるだけで早くなった。

これは上記の「オプション」のところから非表示にできる。

フルスクリーンモードにする

これもかなり早くなった。

メニューが非表示になり、他の要素も消える。
さらに、設定パネルも消すとかなり早くなる。

エディタのCSSをちょっとだけ書き換えているので、見た目が違うかもしれないけれども、こんな感じになっている。

自動保存を無効化する

速度的に見ると気休め。

だけど、プレビューで記事を見ながら修正していると頻繁にページトップに戻されるイライラから解放された。
WordPress / Disable Gutenberg Autosave

さいごに

だいぶ慣れてきたので、クラシックエディターに戻ろうとは思わない。思わないけど重かった。もうちょっと改善できる方法があると良いのだけど。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です