Ubuntu 12.04 OracleのJavaを使う

ココにかなり詳しく書かれているので利用させていただいた。

最初に openjdk を使えるようにしておく。
操作は su – 後。



# apt-get install default-jre

 

openjdkにより作成されたディレクトリに Oracle Java をインストールする。

ダウンロードは、http://java.com/ja/download/manual.jspから。

ファイルを /usr/lib/jvmにコピーして展開、シンボリックリンクを作成。

# cd /usr/lib/jvm
# tar zxvf jre-7u25-linux-i586.gz
# rm jre-7u25-linux-i586.gz
# ln -s jre1.7.0_25/ oracle-java

 

update-alternativesのinstallオプションでoracle-javaを登録。

# update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/lib/jvm/oracle-java/bin/java 1000

 

update-alternativesのconfigオプションでoracle-javaを選択。

# update-alternatives --config java
alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。

  選択肢    パス                                         優先度  状態
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java   1061      自動モード
  1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java   1061      手動モード
  2            /usr/lib/jvm/oracle-java/bin/java               1000      手動モード

現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2
update-alternatives: /usr/bin/java (java) を提供するために 手動モード で /usr/lib/jvm/oracle-java/bin/java を使います。

 

Javaのバージョンを確認し、インストールしたものが出てくればOK。

# java -version
java version "1.7.0_25"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_25-b15)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 23.25-b01, mixed mode)

 

ブラウザでは使わないので、この先の設定はしないまま良しとする。


調べてみたらこんな便利なものを用意してくださっている人が。
http://www.webupd8.org/2012/01/install-oracle-java-jdk-7-in-ubuntu-via.html

ここに書いてある以下を実行すればOK!

$ sudo add-apt-repository ppa:webupd8team/java
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install oracle-java7-installer

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です