Ubuntu

Vimのメモ

完全に自分用メモ。自宅で運用するサーバーはほとんどTeratermで繋いで操作をしていて、エディタはVimだというのに、常に単一のファイルを開き、ちょっと情報を見たり編集したりする程度で、Windowsのメモ帳のような操作しかしていない。

基本操作

もう少しだけできる操作を増やそうというメモ。

カーソル移動

【移動】                            【検索】
gg          [Ctrl]+b
            [Ctrl]+u                                N
               k gk                                 ?文字列
             ┌─┐                               ┌─┐
             │↑│                               │↑│
             └─┘                               └─┘
        ┌─┐    ┌─┐                     ┌─┐    ┌─┐
^ b ge h│←│    │→│l w e $     , F文字  │←│ %  │→│  f文字 ;
        └─┘    └─┘                     └─┘括弧└─┘
             ┌─┐                 Back[Ctrl]+o  ┌─┐   Forward[Ctrl]+I
             │↓│                               │↓│
             └─┘                               └─┘
               j gj                                 /文字列
            [Ctrl]+d                                n
            [Ctrl]+f
G                                           -HELP- Jump[Ctrl]+] Return[Ctrl]+o

置換

:%s/置き換え対象/置き換える文字列/g
:,+2s/置き換え対象/置き換える文字列/g  今いる行を含めて3行分の置換
行数=[Enter] インデントを整える
>> インデント追加
<< インデント削除

削除・編集

J 行を連結する(結果として改行コードが削除される)

undo・redo

u 変更を元に戻す
[Ctrl]+r undoされた変更をやり直す

ファイル操作

:f ファイル名を決める
:e                    :bprevious   ← → :bNext    :close
                      :prev        ← → :next
:tabedit ファイル名   :tabprevious ← → :tabNext  :tabclose
                                gT ← → gt

:e ./ で現在のディレクトリのファイル一覧が出てくる。
t 新しいタブでファイルを開く
p プレビュー
% ファイルの新規作成

表示

:set nowrap 折り返し表示しない(wrapで折り返し表示)

クリップボード操作

コピー  : v → 範囲選択 → "+y とか "+6yy とか。
ペースト: 場所選択 → "+p コマンドラインには[Ctrl]+r "+p

※+と*はWindowsでは同義、Linuxでは使われる場所が違うようだけれども、明確な差を見つけられないでいる。

ウィンドウ操作

:split 上下に分割
:vsplit ウィンドウを左右に分割
[Ctrl]+w w ウィンドウ間を移動。
[Ctrl]+w k ウィンドウを上下左右に移動
        h l
         j
:close ウィンドウを閉じる

:vertical diffsplit <filename> ファイルを開いているとき、他のファイルを指定してdiff表示させる

コマンド実行

:sh          シェルを起動
:!<command>  コマンド実行(画面がシェルに切り替わる)
:r!<command> コマンド実行結果を挿入する
[Ctrl]+r レジスタ でコマンドラインにペーストできる

テキストの成形(を解除)。
改行されたテキストを、改行されていない状態に戻したい。

:set tw=2000
範囲を選択して… gq で整形。

True Colorを使えるようにする。

:set termguicolors 省略形tgc

16色モードの時に使える色の名前と、組み合わせたサンプルを表示する。

:runtime syntax/colortest.vim

参考文献

Qiita / 【入門】Vimで高速で移動~プラグインなしでの移動まとめ~
Howpon / Vim – 複数ファイルをタブで開く・閉じる方法【切り替え/移動も】
SKYARCH BROADCASTING / Vimで複数のファイルを便利に開く
Hack / vimでファイルを開く方法
VIM入門 / [Vim問題] レジスタは全部で何種類?
SOFTELメモ / 【vim】コマンドを実行する、結果を挿入する
ねこゆきのメモ / <Vim> コマンドモードでペースト。
みどりみちのブログ / 【Vim】検索範囲の指定方法まとめ
Qiita / tmux on iTerm2 で斜体 & True Color を使う

広告
ろっひー

コメントはこちらから お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他