Ubuntu20.04 ip-linkでネットワーク接続をON/OFFする

以前はifdown→ifupで操作していたと思うのだけど、Ubuntu20.04の環境にはインストールすらされていない。GUIからはできるのだから、やり方はあるはず。





ネットワーク接続を管理

大体のことはipコマンドで管理できる。接続についてはip-linkで管理。
Ubuntu18.04でも使える。

ネットワーク接続を見る

まずは管理対象を確認。

$ ip link
1: lo: mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
2: ens33: mtu 1500 qdisc fq_codel state UNKNOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether nn:nn:nn:nn:nn:nn brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

 

ネットワーク接続をON/OFFする

接続の状態が確認できる。ここではens33について操作。

$ sudo ip link set ens33 down
$ sudo ip link set ens33 up

※ssh接続しているネットワーク接続を切断すれば、当然sshも切断されるので注意。やってみた感じ、セミコロンで区切って1行で実行すればセーフかも。

 

やったこと

netplanがフロントエンド、systemd-networkdがバックエンド、という関係と見かけたので、その方面から攻めていったけれど、ネットワークON/OFFまで至らなかった。

この方面だと、管理コマンドはnetworkctl。18.04から20.04でできる範囲が広がっているので、進化が続いているのかな。

ネットワーク接続を見る

systemd-networkdによるネットワーク接続の管理状況が見られる。

$ networkctl list
IDX LINK             TYPE               OPERATIONAL SETUP
  1 lo               loopback           carrier     unmanaged
  2 ens33            ether              routable    configured

2 links listed.

SETUP列は設定ができたことを表しているそうだが…フロントエンドがnetplanで、バックエンドがsystemd-networkdとなっているから、netplanで設定されていることを表しているのだろう。

ネットワーク接続の状態を確認する

これはかなり見やすい。

 networkctl status ens33
 2: ens33
       Link File: /lib/systemd/network/99-default.link
    Network File: /run/systemd/network/10-netplan-ens33.network
            Type: ether
           State: routable (configured)
            Path: pci-0000:02:01.0
          Driver: pcnet32
          Vendor: Advanced Micro Devices, Inc. [AMD]
           Model: 79c970 [PCnet32 LANCE] (PCnet - Fast 79C971)
      HW Address: nn:nn:nn:nn:nn:nn (VMware, Inc.)
         Address: 192.168.nnn.nnn
                  24nn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnnn
                  fenn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnnn
         Gateway: 192.168.nnn.nnn (Maker Name)
             DNS: 192.168.nnn.nnn
                  fdnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnn:nnnnn
  Search Domains: hogeserver.hogeddns.jp
    Connected To: n/a on port nn:nn:nn:nn:nn:nn ←これはホストPCのMACアドレスだった

 

さいごに

Ubuntu18.04で稼働中のサーバー達、結果を急いだためにifupdownをインストールしてifupとifdownを利用している。

当時はよく分からなかったが、samba-toolとかでコマンドの中のコマンド?サブコマンド?っていうのか、それに慣れてきたので理解できたのかもしれない。

お気軽にどうぞ ~ 投稿に関するご意見・感想・他

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です